ヘンリック・ドゥダの

クラシック ポーランド

SLOVIANKI

フォークロールレポーター 増永哲男

 

 ポーランドでは一番歴史のあるクラコウ大学(ヤギエロニアン大学)に所属する18歳から28歳のメンバーで構成される民族音楽舞踊団です。1967年、ポーランド民族舞踊を日本に最初に紹介したヘンリック・ドゥダ氏によって創設されました。氏のコレオグラフによるプログラムの中に日本に紹介された踊りがそのまま見られます。クヤビアク、マズール、ポロネーズ、オベレックのナショナルダンスは溜飲ものです。ポーランドの二つの国立舞踊団シュロンシュクとマゾフシェは芸術性を追求し、ポーランドの洗練された美を紹介しますが、このスロビアンキはポーランド民族の持つ「エネルギーと誇り」を前面に出します。リージョナルダンスである地方の特色のある民族舞踊はこのスロビアンキが一番オリジナルに近く、原型のまま展示しています。踊りながら歌うこと、歌ってから踊ること。唄と踊りは一体です。スロビアンキは舞踊手が踊りながら唄います。ここが民俗舞踊の一番の特徴であり、フォークロールレポートの舞踊団選択の基準になっています。

 

圧巻のクラコヴィアク
マズールFD研究会 菅沼泰彦(すがぬまやすひこ)

 世界で一番民俗衣装が美しいと云われているポーランドから”スロヴィアンキ”がたくさんのコスチュームをもって来日します。ただ華やかだけのショーダンスではない、何年も踊り継がれている民族の踊り(フォークロアダンス)をご覧下さい。クラコウの誇る伝統の踊りスロヴィアンキの「クラコヴィアク」、これは圧巻!、他の舞踊団では見られません。あのヘンリック・ドゥダ氏の構成した数々の踊りが日本で初めて見られます。待ちに待った来日です。
 

ポーランドの踊りの魅力
ポーランド民族舞踊研究会「彩」

川上雄也(かわかみたかなり

 

 ポーランドの踊りはナショナルダンスとリージョナルダンスに分けられます。
 ナショナルダンスはポロネーズ、クヤヴィアク、マズール、クラコヴィアク、オベレックがあり ステップ、ポーズ等が非常に洗練されており、音楽は美しく、うっとりするメロディが数多くあり、そしてどの国にも引けをとらない美しい民族衣装と三位一体となって世界でも稀に見る素晴らしさがあります。


ポ-ランドの踊りに接する
名古屋ポ-ランドダンス研究会 吉田幸三

   ポ-ランドは侵略・略奪を被る一方の歴史の中で、国の名前を実に三度までも喪った。にもかかわらず、文化のレベルは高く、人々は強い自尊心と誇りを持っている。嫌というほど痛めつけられ、悲惨な目に遭っているというのに、ポ-ランド人は、人を疑わず、来るものの全てを温かく迎え入れてくれる。驚くほどお人よしで、平和を愛する人々である。ポ-ランドの民族舞踊に接し、自らのものにしようとすればするほど、実は、ポ-ランド人の世界観、価値観は、どこの国のものよりも優れて、世界平和を希求することに繋がっているということが実感されてくる。ポ-ランドの民族舞踊が好きになるということは、とりもなおさず、ポ-ランドに関するありとあらゆることが好きになるということ。ポ-ランドの踊りに接することは、世界平和実現への一歩に繋がっている。これだけは、紛れもない真実である。

魅力あふれる国「ポーランド」と

スゥォヴィアンキ舞踊団
仙台ポルスキータンツ研究会  門間 巌

 ショパンで代表される、数々のポロネーズ,マズルカ。その音楽から生まれた数々の民俗舞踊に魅せられ目を輝かせる自分。この民族舞踊団の踊りは、初めて教えていただいたポーランドの踊りでクラコヴィアク、マズール、ポロネーズ、クヤヴィアク、オベレックのナショナルダンスの音楽に魅了され、今日まで踊るごとに新たな感動と素晴らしい仲間を得て続けてきました。今回、夢がかない同舞踊団の踊りに触れる機会が訪れ感激でいっぱいであり、この踊りを皆さんにみていただき歴史の中から生まれた、血のたぎる素晴らしさを味わい満たされることを願っています。

 

踊る天国
佐 藤 武 志

 ポーランドの踊りは、何故か我々日本人の心に響くすばらしい踊りばかりです。哀愁のメロディに乗せて心せつなく踊るクヤビヤク、宮廷の優雅な雰囲気をかもしだすポロネーズ、情熱と華麗さを併せ持つマズール、男性が宙に舞うかのごとき軽やかなオベレック、ポーランドの古都クラクフで生まれ、壮大なスケールで踊られるクラコヴィアク。そして、踊りに合わせて身に着けるコスチュームのあでやかさ、まさに“踊る天国”と言っても過言ではないでしょう。一度、音楽を聴き、踊りを見ただけでポーランドの虜になる。そんな魅力ある国・ポーランド!私も2006年夏クラコウにて鑑賞いたしました。素晴らしかった。楽しみです。

スウビアンキ舞踊団を迎えて
ネットマズルカ  片岡宣義

 フォークダンス愛好者にとって、ドゥダのクヤビアクなどで知られる、ヘンリックドゥダ氏は2度来日しています。
 最初、1964年に、日本フォークダンス連盟が招聘した時は、彼が、クラクフのノバフタという舞踊団で指導している踊りを主体に紹介されましたが、1981年の来日では、この、スウビアンキ舞踊団で指導している踊りを紹介されたと言います。 日本で言うなら、京都のようなクラクフに於いて、最も、ポーランド的伝統を受け継いできたと言われる、スウビアンキ舞踊団の完成された踊りを、遂に、見ることができ、期待に胸弾む思いです。


  • Facebookの社会的なアイコン
  • Facebook
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン